© 2019 スギタヒロキ All rights reserved

PROFILE

素朴なコード進行と心揺さぶる歌声で、等身大の自分をストレートに歌う静岡のシンガーソングライター・スギタヒロキ。金髪の容姿からは想像もできないその楽曲はどこか懐かしく、あらゆる世代の心を掴む「現代のフォークソング」。真っ直ぐな性格と人懐っこい笑顔を武器に、全国で年間100本超のステージをこなしている。

活動拠点:

静岡県静岡市を中心に、全国でライブ活動を展開中

ジャンル:

トラディショナルフォーク/ポップス

生年月日:

1992年2月27日

出身:

静岡県静岡市

趣味:

サッカー、散歩、路上で歌うこと、旅

影響を受けたアーティスト:

​忌野清志郎/中島みゆき/矢野顕子/はっぴいえんど/ボ・ガンボス/Bob Dylan/Johh Lennon/The Beatles/Carpenters/Simon & Garfunkel

シンガーソングライター。本名:杉田裕紀。1992年2月27日生まれ。静岡県静岡市出身。

小学校・中学・高校とサッカーに明け暮れ、プロを目指すも大学時代に左膝十字靭帯を損傷。サッカー選手の夢を諦める。失意の日々を過ごす中、押入れにあった父のフォークギターを偶然に発見。20歳にして音楽に目覚める。

 

ギター練習開始から半年後、まだ「Fコード」が弾けないため易しいコードのみで構成されたカバー曲を引っさげ地元ライブハウスのステージに立つ。その演奏クオリティの低さに唖然呆然とする観客を尻目に本人はライブの快感に取り憑かれる。

 

その後大学の軽音部に所属しながら、月3~4本のライブ活動を開始。ソロと並行して友人とフォークデュオ「Drop」を結成、メキメキと演奏能力を向上させる。この頃、知人の紹介で「まるで魔女のような風体(スギタ本人談)」の声楽専門家から本格的な発声トレーニングを受ける。以降3年間レッスンを継続し、現在のボーカルスタイルの礎を築く。

 

大学卒業後、本格的に音楽の道に進むことを決意。23歳の夏、ギター1本と最寄ターミナル駅までの片道切符代130円を手に、あとは路上弾き語りの投げ銭で旅費を調達する日本一周旅行に出発。鳥の刺し身にあたって死にかけるなどの困難を乗り越え、約2か月で西日本一周を完遂。

  

こうして、音楽的にも精神的にも一皮むけた2015年、自主制作1st EP「素僕」リリース&初のワンマンライブ開催。

2016年、自主制作2nd EP「ろぼうのほし」リリース。本作をきっかけに、静岡のインディーズ音楽シーンに「面白い金髪がいる」と認識されはじめる。同年、シンガーソングライター・井上ヤスオバーガー氏に見初められライブツアーに帯同。

2017年、WISEMAN'S BELL Recordより3rd EP「僕らの時代」リリース。同年、野外フェス「GO AROUND JAPAN 2017」に初出演。

2018年、4th EP「人知れず」リリース(WISEMAN'S BELL Record)。同年、レコ初ライブとして静岡市民文化会館にてキャパ150人のワンマンライブを成功させる。

2019年8月、静岡のFMラジオ局・K-MIXの人気番組「RADIOKIDS」内の2週間ヘビーローテーションに楽曲『キムくん』が選出される。2019年10月、音楽配信サービス限定のミニベストアルバム「はじめてのスギタヒロキ」リリース。

そして現在、年間100本超のペースでライブを行いながら、2020年5月30日(土)に開催される静岡市民文化会館1,000人規模のホールワンマンライブに向け、作曲とライブ活動に励んでいる。

hajimetenosugitahiroki

ミニベストアルバム

「はじめてのスギタヒロキ」

1/1